2006年09月29日

技術

丸1日経っても京葉線の信号システムは完全復旧していないらしい。

実際に何がどうなってどんな問題が残っているのかは詳しく分からないし,おそらくは徹夜での復旧作業が行われたのだろうが,どうもJRに限らず最近のこの類の事故への対応を外から見ていると,責任感に燃えて真摯に現場で対応している技術者がいないのではないか,という気がしてならない。

事故発生→大変だ→いちおうオレが担当だからマニュアル通りきちんと対応をする→あれっうまくいかない→おかしいな→誰か助けて→疲れたからちょっとお茶でも飲むか。

…なことになっているのかどうかは知らないが,この連鎖には,

実験レポートの課題が出る→大変だ→これをやらないと単位がもらえないから参考書通りにやるか→あれっうまくいかない→おかしいな→誰か助けて→疲れたからちょっとゲームでもやるか。

…に通じるものを感じる。やはりここでも教育者の責任は重大なのかも。
posted by gecky at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

自衛

ところで,前記事の画像は,今朝9時頃,不通になった京葉線の新浦安駅から地下鉄東西線の浦安駅まで移動するためバスに乗ろうする人々である。夕刊の記事によれば,この行列は700mに及び,バスに乗るだけで1時間30分かかったらしい。行き着いた浦安駅も大混雑で入場制限状態だったから,けっきょくこの写真の人々が目的地にたどり着いたのはお昼近くだったのではないかと思われる。

不思議でならないのは,こんな行列の後ろに並ぼうとする人がなぜこうも多いのかということ。新浦安駅と浦安駅の間は2kmほどである。速足で歩けば30分程度である。浦安駅が入場制限なら,隣りの南行徳か葛西まで歩けばよい。少々疲れるだろうが,バスを1時間半待つあいだには着いてしまう。

新浦安駅前のホテルに泊まっていたTDRへの観光客が,電車が止まってディズニーランドに行けない,と嘆くシーンもTVニュースに写っていたが,新浦安→舞浜だって3kmほどだから歩いて1時間はかからない。普段,車や鉄道しか使っていないと,とてもあの距離を歩くのは無理,と考えてしまうのだろうが,人間の足は意外に速いのである。

もちろん,実際にそうして駅間を歩いた人も多かったに違いないし,1時間半待たされたというのは結果論であって,並ぶ前には予測できなかったかもしれぬが,こういう事態に遭遇したときにどう行動するかで自衛のパターンが分かれるような気がする。
posted by gecky at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。