2005年01月29日

スクラップ

かつて私はスクラップ魔だった。新聞はなるべく隅から隅まで読み,気になった記事をジョキジョキ。雑誌なども捨てる前に気になったページをビリビリ。大学院生になった頃からは,忙しくなって新聞を隅々まで読む時間はなくなったが,それでも1995年頃まではスクラップを続けていたと思う。

「気になった」基準はけっこう曖昧で,簡単に言えば「後で読み返すかもしれない」である。したがって,テーマを決めてまんべんなく,といったものではないし,そもそも「読み返すかもしれない」のは「読み返さないかもしれない」であって,実際には読み返すことなど滅多にない。それでも,何らかの資料的な記事,たとえば,歴代の総理大臣の名前とか,大地震の記録とか,GDPの順位とか,通算本塁打数の記録とか,そういうよくまとまった資料を見かけると,こまめに切り取ってファイルに保存した。ファイルの数は膨大になったが,長年の経験から構築した画期的な方法に基づき整理していたので,必要な情報は即座に取り出せる自信があった(たぶん)。

スクラップをまったくしなくなったのは,ここ10年ほどのことである。理由は簡単で,ほぼあらゆる情報がインターネット上から容易に入手できるようになったからである。まぁここまではよくある話かもしれない。

しかし,思い返してみれば,インターネットを使い始めた当初(1993年頃)からごく最近までは,たとえば Web ページ上に有用な情報があると,つい自分の PC のハードディスク上に保存した。いつの間にかそのページはなくなってしまうかもしれないし,ネットワークにつながらない環境でその情報が必要になるかもしれない。こう見えても意外と慎重なのである。そうして保存された HTML ファイルも山ほどあるが,これも紙と同様の画期的な方法で整理していたので,必要な情報は即座に取り出せる自信があった(たぶん)。

それすらもしなくなったのは,ごくごく最近のことである。3年ほど前から,家でも仕事場でも外出先でも,いつでもどこでもインターネットにつながるようになり,すなわち,ほぼ完全な「ユビキタス環境」を手に入れたので,保存する必要すらなくなった。曰く,インターネット全体がスクラップブックであり,検索エンジンやブックマークを上手に利用すると,必要な情報は即座に取り出せる,かどうかは怪しいが,かつてのジョキジョキ,ビリビリのスクラップ時代が遥か原始的に思えるのは事実だ。あの頃からたかだか10年程度しか経っていないのが不思議であるが。

長年の経験から構築した画期的な整理の方法が使えなくなったのはちょっと寂しいが,目下の夢は,膨大に蓄えた昔日のスクラップを,すべてイメージスキャナで取り込んで電子化することである。他にもこういう夢はたくさんあるが,それはまた後日。
posted by gecky at 22:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

選択の自由

とある会員登録をすべく,氏名・住所など書式の項目を埋めていたら,職業の選択肢に来た。曰く,

・会社員
・会社役員
・自営業
・派遣社員
・専業主婦
・学生
・アルバイト・パート
・無職
・その他

で,これが選べる項目のすべてである。「アルバイト・パート」や「無職」という項目があるにもかかわらず,「科学者」や「大学教員」という項目がないのはけしからんと思う。せめて「教員」という選択肢くらいはほしい。

ここで「その他」に丸を付けると,何かとっても特殊な職業(芸術家とかタレントとか)に就いているようだし,私立大学もいちおう企業とみなすならば「会社員」でもよさそうだが,ちょっと会社員って感じではないので,もっとも近いのは「学生」? まぁこういうことはよくある。

「ご職業は何ですか?」と訊かれたときは,たいてい「教員です」と答えるが,通常,教員というのはいわゆる教員免許を持った小・中・高等学校の先生をイメージすることが多いらしく,よくある次の質問は「あ,先生ですか。で,何の教科を教えられているのですか?」である。ここで「あ,ディジタル信号処理です」とか「知覚情報処理特論です」などと答えてもいいのかもしれないが,それほどの情報提供を要しない相手の場合は,「あ,まぁ,理系の科目です」などと答えたりするから中学校の理科の先生だと思い込まれるのだろう。

でも本当は,「ご職業は?」に対しては「研究者です」とか「科学者です」と答えたいんだよなぁ。よく分からないが,「研究者」と言うと白衣を着て試験管を振ったりしている姿を連想され,「科学者」と言うとエジソンとかお茶の水博士のような人を連想されてしまい,それも当たらないけど,中学の理科の先生よりはよっぽどいい。

大学教員ってそんなに特殊な職業でしょうか?
posted by gecky at 23:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

127分の1

127人くらいの人をランダムに1列に並べたときに,ある特定の人が先頭に来る確率は,単純に計算して0.7874%だから,まぁ小さい確率と言えるだろう。いや,別に先頭でなくて,2番目に来る確率でも最後に来る確率でも同じ値だが,先頭というのは他に比べてそれなりに珍しい位置なので,確率は同じでも事象(現象)としての価値は高い。同様の話で,たとえば自動券売機で買った切符の4桁の番号が「7 7 7 7」だったりすると嬉しくなるが,「4 9 1 0」でも「5 3 3 8」でも同じ0.01%という確率で生じるので,「7」が4つ並んでいるという事象の価値が嬉しいのである。

ところで,人を並べるというのはなかなか難しい。名前の五十音順,年齢順,役職の偉い順,背の順,など明確に説明の付く場合は,たとえ自分が好ましくない位置に置かれてもやむを得ないが,それでも一番先頭に来る人は他の位置よりも遥かに目立ってしまう。学校での「出席番号」や「学生番号」というのがその好例で,たいてい「あい何とか」とかいう苗字の人が1番なんだよね。私の名前は「お」で始まるので,3番とか10番とか比較的前の方に位置することが多かったのだが,地域によっては名前の五十音順ではなく生年月日順で出席番号を付けるので,「よしなが」などという名前の奴が1番になったりする。あ,これは数十年前の某小学校の5年2組の場合ですが。

で,何が言いたいのかというと,このページを見てください。「掲載順はランダム」と断り書きしてあるが,なかなかすごいでしょ?何だかこれを見ると,自分がこの学会を引っ張っているような感じがして(しないか…)ちょっぴり気持ちが良い。確率0.7874%だよなぁ。宝くじで3,000円当たるのよりも難しいよなぁ。

もともと選挙に使われた投票用紙(信任投票で不信任の人に×を付ける)の掲載順をそのまま転載したせいで,五十音順や年齢順など意味のある順番になっていないと見えるが,その投票用紙でも先頭に記載されてご満悦だった私に対して知人が一言:

「不適切な人に×をつけるのね。最高裁長官の信任みたいな感じなのかな。あれって最初の人って×つけられやすいらしいね。」

う〜む。いちおう信任はされたみたいだけど,×たくさん付けられたのかなぁ。
posted by gecky at 00:00| 千葉 ☁| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。