2012年01月01日

ミッキーボンボン2012

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

20120101firework

今年も1月1日0時0分ちょうどのミッキーボンボンで年が明けました。相変わらず周辺地域で眠るチビッコたちを起こすのに十分な音量でした。

さて,前にも書いた通り,昨年の6月頃からこのブログはほとんど更新しておりませんが,従来このブログで発信していたようなプライベートな思い付き(思い込みとも言う)は,主にFacebookにその場所を移動しました。誰が見ているか分からないこのブログのような場所でプライベートな情報発信をするというスタイルが淘汰されたとも言えます。

来年の元日にどうなっているか予測できませんが,とりあえずここは気が向いたときにボソッと書き込む程度にしておきます。
posted by gecky at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ほぼ終了のお知らせ

問い合わせを頂戴したのでお知らせをば。

昨年の夏頃から,このブログの更新頻度がめっきり落ちていますが,ご想像の通り,それは他のSNSを使い始めたためです。いろいろと試行してみたところ,どうやらこのブログのような,不特定多数の人々に対してさほど情報量があるとも思えない文章を載せるだけという古い(?)メディアが淘汰されるという結果になりました。

今後,使う必要が生じた場合は再び使い始めるかもしれませんが(そんな必要はどういうときに生じるのだろう…),いわゆるブログ的機能は Facebook または Google+ に,ただのつぶやきは Twitter に移行します。(これらもいつまで続くか分かりませんが。)

Facebook と Twitter の使い分けはなかなか難しいところですが,ほんの一過性のつぶやきは Twitter に,少しばかり保存しておく(後で読み返せる)意味のありそうなことは Facebook あるいは Google+ に,ということになりそうです。(というほど意味のありそうなことは書いていないというツッコミは無しで。)

なお,Facebook のフレンドリクエストおよび Google+ のサークル追加は,面識のある方に限らせていただいていますので悪しからず。記事や写真は一般公開にしていないので,これはすなわち,Facebook のフレンドまたは Google+ のサークルメンバー以外の方には,私が書くであろう記事は読めないことを意味します。ま,もとより大したことは書いていなかったから,特段の問題はないでしょう。

というわけで,今後は Facebook または Google+(これらがどう役割を分担するのかは,現時点ではまだ未知数)上でよろしくお願いします。>面識のある方々
いずれも実名で登録しているのですぐに発見できると思います。

以上,お知らせまで。

PS
お気づきの通り(気付いていない!というツッコミも無しで),このブログの古い記事も情報量が少ないものは削除していっています。いずれ完全閉鎖するかもしれませんが,ま,しばらく残しておきます。
posted by gecky at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

キイロッチ教授

twitterでもつぶやいたし,facebookにも写真を載せたが,FBのWallは友人のみ公開なのでこちらにも。

昨日,朝から仕事でいろいろ動き回り,来客の応対なども済ませた夕刻,ふと足元を見てギョッとした。スーツのズボンの裾にキイロッチ(黄だるま)のシールが付いている。

キイロッチ

朝出かける前に次男と戯れていたときに貼られたに違いない。黒いズボンに黄色いシール。目立ち過ぎる。いったい何人に見られたことやら。


補遺:
もうじき小学生になる長男は,小学3年から日記を付けている父に負けじと4歳のときから毎日欠かさず絵日記を書いている。1日たりとも休んだことはない。すでに10冊以上。

で,昨日の絵日記の絵は,私のズボンにキイロッチが貼られている絵だった。

きいろっち
posted by gecky at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年2011

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

20110101

私的には思うことのいろいろある新年であり,身辺での変化(変貌)も多く予想される年なのであるが,それらについてはバッサリ省略し,今年も1月1日0時0分ちょうどのミッキーボンボンで年が明けた。

ミッキーボンボン2011

相変わらず周辺地域で眠るチビッコたちを起こすのに十分な音量であった。

12月末は激しく忙しく,しかも無理矢理家族旅行を押し込んだりしたためにほとんどのんびり休むことができなかった。ツイッターでは「学事日程通りに冬休みを取る」とか豪語しておきながら,実態はまるでかけ離れてしまったのはいかに。

ツイッターと言えば,この1年間のあいだにそのtwitterを始め,facebookも始め,そのお蔭でいろいろな目に遭い,同時にいろいろな人々と交流が始まり,少しくモノの見方も変わったかもしれない。今年はこのブログも含めてもう少しクリエイティヴな情報発信ができるといいなと思っている。

少なくとも三が日は家族とのんびり過ごす予定。4日からいろいろな仕事が入っており,1月中旬には早くも「変貌第1弾」が訪れる。どうなることやら。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

フィットの勘違い

4年前にはこんなことがあった。3年前にはこんなことがあった。
そして今夜。以下twitterより引用:

10:26pm 帰宅なう。がしかし、私の駐車場に知らない車が入っている。さっそく110番する。

10:38pm こういう時、110番しかなす術が無いのはどうも。。おそらく同じマンションの居住者のはずだし。

10:42pm おまわりさん登場。

10:43pm 車のナンバー調べてくれてる。外は寒い。私はやることないからこうしてツイート。

10:44pm しかしこれでもう三度目だな。三度目の正直か?

10:45pm おー、さっそく持ち主が判明したらしい。

10:46pm データベースと一致しましたので、らしい。三度目の一致。サンドイッチ。あー寒い。

10:47pm やばい。おまわりさんにケータイ覗き込まれた。

11:14pm ようやく帰宅。ふぅ。

11:15pm けっきょく同じマンションの別の棟の居住者だった。平身低頭ひらあやまり,平山の平謝り,おまわりさんもいたから尚更。

11:18pm 本当にすみませんでした,こんな夜遅くに,しかも寒い中でお待たせしてしまって。あのぅ,何号室のどちら様ですか? 明日にでも改めてお詫びに伺いますので。と言われるも,私は紳士だから,決して怒らずいつも静かに笑っている。

11:20pm 本来は5つほど隣りの駐車位置をどういうわけか間違えたらしい。いえ,気にしないでください。私も同じことやるかもしれませんし(絶対にしないけど)。

11:21pm 夜は管理センター閉まっちゃうから,警察呼ぶしかないんですよね。ごめんなさい,こんな時間に警察に連絡させてしまって。。なんで私が謝らなきゃいけないんだ?

11:23pm せっかくいつもより少し早く帰ってきたのに,小一時間損した。しかも空腹。しかも明日から1週間はビッグイベント。メール出さなきゃ。

11:28pm 日記を調べて見た。1回目は2006/4/12のカムリ。2回目は2007/9/27のセフィーロ。そして3回目が今日のフィット。共通点は,新学期が始まった直後か。

11:32pm その前に2001/3/30に車上荒らしに遭ったときを含め,ここの駐車場から4回も110番したらしい。

というわけで,過去2回との違いはgeckyokawaをフォローしましょうで実況中継できたことか。

ちなみに,カムリ(トヨタ),セフィーロ(日産),フィット(ホンダ)と3大メーカーが揃った。スタンプラリーが終わったような気分。じゃないって。本当は怒ってるんだから。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

素数祝い

ここに載せるのが少々遅れてしまったが,研究室の愛弟子達が素数のお祝いをしてくれた。

bc2010

ロウソクの本数は素数ではなかったが,嬉しい限りである。

ちなみに我が研究室では,いつの頃からか伝統的に,私のときだけでなくメンバー全員(今年度の愛弟子数はなんと29名)の誕生パーティが毎月開かれている。長男の幼稚園でも毎月「おたんじょうかい」があり,その月生まれのお友達のお祝いをしているらしいから,それと同じ流儀である。

よくは知らないが,毎月誕生会が開かれる大学の研究室って,たぶんそんなに多くはないと思う。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

オープンちちのひ

そのオープンキャンパスに合わせて卒業生が8名ほど来訪。なぜかつい最近卒業した学生たちのような錯覚に捉われるが,現役の学生たちより5年ほど年上なのであった。そのうちの一部の人たちは毎日どこかで見かけているような気がするのはMixiやTwitterのせい? いずれにしても卒業後5年経ち,おめでたい話も聞けたし,ちゃんと社会の中での居場所を確保している彼らの様子を見るのは教員冥利に尽きる。

その彼らからこんなプレゼントが:
ケーキ

こういう名目で誰かにお祝いをしてもらったのは,(直後に花を贈ってくれた1人を除いて)初めてかも。昔の卒業生ほど情報量の高い(=にわかに信じ難い)事象ということか。それにしてもケーキ屋さんこれ書くのタイヘンだったろうな…

ちょうど父の日と重なったので(重ならなくても出席率高いのだが)午後から家族も呼んだ。わざわざ出してもらったY先生のハイペリオンに乗せてもらってご機嫌の長男:
ハイペリオン4

深夜に帰宅したらこれが置いてあった:
父の日2010

「おしごと」の現場は,オープンキャンパスと研究室のクリスマスパーティくらいしか見せていないので,1年ほど前までは毎日そういう仕事(?)ばかりしていると思い込んでいたらしいが,最近ようやく「だいがくのせんせい」がどういう仕事か分かってきたようである。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

公衆電話

午後,次男が昼寝をしていたので,長男だけ連れて車で少し遠出。後で近所のショッピングセンターで落ち合おうと妻に言い残してきたのだが,目的地に着いてから携帯電話を家に忘れてきたことに気付いた。暑かったので,出かける直前に上着を別のやつに替えたのが原因。

さて,ちょっと困った。落ち合う時刻など約束していない。妻は次男が起きたら出かけると言っていたが,いつ起きるかなど分からない。付近に公衆電話がないかと少し探し回るが,ありそうにない場所である。仕方なく,再び車に乗ってしばらく走ったらようやく道端に電話ボックスを発見。長男を車内で待たせて,10円玉を持って近付くが,よく見るとテレホンカード専用機である。テレホンカードなど持っていない。

再びしばらく車を走らせたらコンビニがあったので,ここなら公衆電話あるだろうと思い込んで駐車場に入れるが,どこにも電話などない。以前なら,コンビニの外側には必ずあったものだが…

再々度しばらく走り,ようやく硬貨が入る公衆電話のボックスを見つけた。受話器を上げて10円玉を入れる。うろ覚えの番号を押して(そもそも電話番号はケータイが覚えてくれているから,直接番号を入力する機会など稀である。普通の人なら家族の番号であっても覚えていないかもしれないな)何とかつながるが,こういうときに限って出てくれない。留守録が応答するとその時点で10円玉がカチャンと落ちる。

仕方なく(=次男を起こすかもしれないのを覚悟の上で)自宅の番号に電話。案の定,その電話の音で次男は起きたらしい。

世の中の公衆電話がうんと少なくなっている事実に気付かされた。これは無事にケータイ無しで落ち合った後で撮った記念写真。おかねはいってないかな:

公衆電話

そういえば,この公衆電話の色は独特だと思う。確か,以前は赤や黄が主流だったのが,テレホンカードが使われるようになったときにこの明るい黄緑のやつが登場したと記憶しているが,こういう色の電話はあまり外国にはない。そのせいか,しばらく(数週間〜数か月)外国に行ってから日本に帰ってくると,無性にこの公衆電話の色を新鮮に感じる。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

時間調整した駅

先週末久しぶりに訪ねたたまプラーザ。私はここに1975年4月から1978年3月までの3年間暮らしていたのである。小学校に入学したのが1976年4月だから,実に思い出深い場所である。

ちなみに,いまの妻は当時の同級生である。…ということは決して口外してはならないトップシークレットなので書かないが,当時住んでいた家から小学校までは,車の走らない団地の中の歩道を抜けて6〜7歳児の足で20分ほどの道のりだった。登校時はたいてい友達と一緒だったが,1人のときもあった。確か小学2年の冬頃,学校代表の合唱団のメンバーに選ばれ,早朝から練習があったので,そのときは1人だった記憶がある。

1人のときは退屈なので,家から学校まで電車ごっこをしながら歩いた。家の玄関が始発駅で小学校の校門が終着駅である。途中,橋の手前,公園の横,団地の集会所の入口など,ところどころに自分で勝手に作った駅がある。小学2年にしてちゃんと列車運転ダイヤを作り,早く歩き過ぎたときは途中駅で時間調整をした。

当時の駅の1つがここ:
時間調整

この写真はつい先日撮ったものだが,木がだいぶ成長した以外は30数年前とまるで変わっていない。左に歩いて行くのは知らない人。この場所,右に行くと小学校の本校,左に行くと分校(いまは中学校になっている)という重要な分岐点だから,当然私の電車ごっこ鉄道でも重要な駅の1つであった。

この地点の駅名は忘れたが,とにかくランドセルを背負って1人で小学校に歩いて行く途中,小学2年生の私がこの溝の分岐点の上に立ち止まってから「発車します。次はじゃぶじゃぶ池です。ガタンゴトン」と小声で言っていたのは間違いない。

ある寒い日,少し早足で歩き過ぎたので,この地点で時間調整をする必要が生じた。「××(駅名)です。時間調整のため少々停車します。」と言って,ここに立ち止まり,発車時刻を待っていると,いつの間にかすぐ後ろに見知らぬおばさんが近付いて来て,声を掛けられた。「ぼく,どうしたの?」

小さい体の小学生が,1人で道ばたで立ち止まっていたら,そりゃ具合が悪くなったか足が痛くなったかとでも思うだろうな。「時間調整しています」とも言えず,仕方なく所定時刻よりも早く列車を発車させたことが,つい昨日のことのようである。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ビービーダマ

長男が通う幼稚園の近くの公園(正式には地名を含んだ公園名が付いているのだが,子供たちは「ひろばこうえん」と呼ぶ)に「ビービーダマ」がたくさん落ちている。という話を長男から聞いた。

なんでも,幼稚園の園外保育の時間に,その「ひろばこうえん」に皆で行くとき,おともだちと「ビービーダマ拾い」をやるのだとか。「ビービーダマ」って何? 「ビー玉」が公園にたくさん落ちているはずないし,ひょっとして「BB弾」のことか?

拾ってきた「ビービーダマ」を見せてもらったら,やはり「BB弾」である。まぁでも「玉」じゃなくて「弾」だよ,などと教えると途端に野蛮になりそうだから「玉」のままでいいか。

おともだちと一緒だと,最初に見つけた者が所有権を獲得するらしく,我が息子の「ビービーダマコレクション」はなかなか増えない。せがまれて,しばらく前の休日にわざわざその「ひろばこうえん」まで長男と自転車で出向いた。特に遊具があるわけでもない,芝生とベンチだけの広々とした公園。確かに「広場」のようだ。

どれどれ,本当にBB弾,じゃなくてビービーダマが落ちているのか,と下を向いてうろうろしたら,あるある,黄色いのやオレンジのや白い直径5mmほどのプラスチック弾が,芝生の上や草陰にたくさん落ちている。どうやら,もう少し年長の子供達がここでエアガンで遊んだ(あるいはよく遊んでいる?)らしい。

サイズが小さいので,よくよく地面を見つめていないと発見できないのだが,こっちに1つ,あっちに1つ,と10分ほどで10個ほど見つけた。長男は大喜びで,もっと探して,と言う。小一時間,他に誰もいない「ひろばこうえん」で童心に返ってビービーダマ探し。全部で41個発見した。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

最終講義

母校の恩師が教授職を定年退職されるのを記念した最終講義に列席:

最終講義

大学のトップを務められている最中ということもあり(そのトップ職はまだ8か月ほど任期が残っているようであるが),会場は由緒あるこの大隈記念講堂。新装成ってから始めて入った。

90分間の最終講義を感慨深く拝聴。学部時代に受講していた「電気磁気学特論」を思い出す。

終了後は,隣接するホテルの巨大ホールで数百人規模の大記念懇親会。我が恩師もかつてメンバーだったというグリークラブの合唱:

グリー

卒業生を代表して記念品を贈呈するという大役を仰せ付かる。ひと言喋ってからと言われていたので,5分ほど喋る内容を考えて来ていたのだが,直前に,時間がないから30秒で,と言われる。生まれて初めて30秒間のスピーチというのを経験した。

懐かしい先輩達・同輩達・後輩達とも大勢再会し,楽しい1日を過ごせたが,ずっと立ちんぼで足が棒になった。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

いーたっくす3回目

2年前にこんなことを書いた。1年前にはこんなことを書いた。そして今年で3回目。

2年前に住基カードに書き込まれた電子証明書の有効期限が確か3年間だったはずだから,今年までかと錯覚したのだが,2年前から3年間ということは来年(2011年)までである。来年の確定申告をその期限日までにすれば,次の年まで1年待ってから改めて証明を書き込んでもらえばよさそうだから,確定申告にしか使わない限り,役所に行って電子証明書を取得するのは4年に1度でよい?

さすがに3回目ともなると,過去2回分の記録が役に立ち,あまり迷わずにゴールまでたどり着けた。唯一の問題が,最近更新したPCのOSが64bit版のWindows 7であり,住基カード用リーダライタのドライバが対応していなかったこと。まぁこれは昔のPCを使えばよいので大きな問題ではない。

最後に,1年前と同じメッセージ「以下の書類は別途郵送すること」が出たのだが,今回はよーく周辺の注意書きを読んでみたら,けっきょく郵送しなくてもよいらしいことが判明。その部分,あまりにも不親切である。具体的な内容は伏せるがこんな感じ:

・書類Aについては提出を省略できます。
・書類Bについては郵送で提出すること(詳細は次のページ参照)

次のページの詳細を見ると,

・書類Bについては郵送すること。ただし,前のページに「書類Aについては提出を省略できます」と書いてある場合は,提出を省略できます。

それなら最初から,書類Aも書類Bも提出を省略できます,と書いておいてくれりゃいいのに…

ここ数年,ほぼ毎年確定申告をしているので,勤務先での年末調整は一切受けていない。配偶者控除や扶養控除,保険料控除などは年末調整のときに申告してもよいのだが,なぜか源泉徴収票が複数枚あったり,その他の様々な控除理由があったりするので,確定申告しないと数十万円単位で損をしてしまう恐れがある。今年も実に面倒な申告作業(各種の明細書作り;もちろんe-Taxなので電子的に)をした甲斐あって,1か月分の給料にも相当する還付額が受けられる。これ使って何か買おうかな。

ん? そうじゃない? 単に税金を余分に払い過ぎていただけか…
posted by gecky at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

電車でお出かけ

電車でお出かけ

「ねえねえ,お兄ちゃん,あそこの変な形のトラックはなあに?」
「あれはタンクローリーって言うんだ」
「ふーん。あっ,オレンジのバスが来たよ」
「リムジンバスだよ。2台いるね」
「あ,お船も見える」
「ほんとだ」
「楽しいね,この電車」
「うん。今日は空いてるからこうやってお外見られていいね」
「お兄ちゃんはおひざで座ってるけど,ボクはこうして立ってるのがちょうどいいや」
「靴は脱がなきゃダメだよ」
「脱いでるよ」
「あと,騒いだりしちゃダメだよ。電車に乗るときのマナーってのがあるんだって」
「今日はまだ騒いでないよ」
「社会性を身に付けなきゃね」
「うん」
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

大晦日

朝から家の大掃除をした後,午後から家族4人でプチお出かけ。

新浦安 → 京葉線快速で4駅16分 → 東京 → 山手線で3駅5分 → 浜松町。おそらく日本一有名な小便小僧。新年の干支の虎(長男はしまじろうと言ったが)の衣装を着ていた:

浜松町

長男にせがまれてポケモンセンターなるお店(2年ほど前に日本橋からここ浜松町駅北口徒歩2分の汐留芝離宮ビルに移転したらしい)に初めて行った:

ポケモンセンター

幼稚園の友達のあいだで流行っているらしい。10年以上前?のポケモン登場時から私はまったく関心がなかったのだが,この期に及んで400種類以上あるらしいキャラクタの名前を少しずつ覚えさせられている。

大晦日にもかかわらず(大晦日だからか?)家族連れで満員。しかも,外国人もたくさん。みな1万円,2万円といろいろなグッズを買い込んでいるが,我が家にはサンタが来たばかりなので,1個294円のフィギュアを少し買ってやっただけ。それでも長男は満足。

今日で最終日のウェンディーズ:

Wendy's最終日

Wendy's最終日

西銀座店などは大行列だったらしいが,ここ(竹芝店)は空いていた。食べ納めは先日済ませたので前を通っただけ。

ポケモンセンターから徒歩5分の竹芝 → ゆりかもめで26分 → 豊洲。東京タワーといま渡ってきたばかりのレインボーブリッジとフジテレビ。ゆりかもめ青海付近の車内より:

trf

有楽町線の豊洲駅は,エレベータ工事の関係で,上下線間の線路用地(将来分岐北上させて半蔵門線の住吉駅につなげる計画のための用地らしいが,本当に実現するのか?)が塞がれて,上りホームと下りホームのあいだを行き来できるようになっている。副都心線の渋谷のような具合:

豊洲

豊洲 → 有楽町線で2駅5分 → 新木場 → 京葉線快速で2駅9分 → 新浦安。京葉線の車内から今年最後の日の入りが見えた。

というわけで,皆様よいお年をお迎えください。これから年越しそばならぬ年越しパスタを作ります。
posted by gecky at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

大先輩

シンポジウムのチラ見と,その後の重要な打ち合わせのため天下のトーダイへ。三四郎池の脇の遊歩道にて:

三四郎池

行きは御茶ノ水から学バスに乗ったが,帰りは根津に出ようと,打ち合わせのあった建物を出かかったところで,学内の人間と思われたらしく年配の男性に声を掛けられる。

「千代田線の根津駅に行きたいんですけど,どちらに向かえばよろしいかの。」

確かにここのキャンパスの中は四角い建物ばかりで,特に暗い夜は方向を見失う。

「あ,根津ですか。私もこれから根津に出ますので,ご案内しますよ。」
「あー,それはよかった。助かった。どうぞよろしく。」
「いえいえ。それにしても寒いですねぇ今日は。」
「本当に。お宅さんは東大の先生ですか?」
「いや,違います。今日はこちらで会議があったんで。」
「あー会議。私も会議に出てたんですよ。そちらの小柴なんとか記念館で。」
「そうですか。」
「しかし,そこらを歩いている東大生は昔もいまも変わりませんな。さすがは天下の東大ですな。」

(うーむ。反論こそする気はないが,そこらを歩いているのが皆東大生というわけでもない。)

七十歳過ぎと思しき男性は調子に乗って話し続ける:

「私なんぞは,もう定年とっくにすぎてますけど,今日もなんとかかんとかの講演会ってのがあって,それを聞きにきたんですよ。」
「そうですか。」
「実に面白い話を聞きましてね。ファラデーの電磁誘導ってのがあってそれをいかに使うかっていう。」
「へぇ。そうなんですか。」

(うーむ。案内しますなどと言ってしまったのは失敗だったかも。)

「それで,なんとかかんとか,ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ。」
「はぁ。」
「ぺらぺらぱらぱら。。。。。」
「なるほど。」
「ところで,お宅さんはひょっとして東大の出ですか?」
「いいえ,違います。そう見えますか?」
「こんな裏道をよく存じ上げているから。」

(建物と建物のあいだのまっすぐな道をまっすぐ弥生門に向かっているだけなのだが。)

「いろいろ用事があって,たびたび来てますんで。」
「実は私は早稲田なんですけどね。むかしから東大は・・・」
「え? 早稲田の方なんですか?」
「ええ,早稲田の出身です。」
「そうですか。失礼ですが,学部はどちら?」
「理工。」
「おや,こんなところで先輩に出会った。私も早稲田の理工なんですよ。」
「へぇ,そりゃまた奇遇ですな。」
「学科はどちらですか?」
「電気工学科。いまはもうその名前じゃなくなったみたいですけど。」
「あら,私も電工です。」
「ありゃ。こりゃまた奇遇中の奇遇ですな。」
「そうですね。」

(以下,根津駅の改札口まで楽しく会話。)

091222_2024~01.jpg
posted by gecky at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

出張先で終電?

いよいよ明日に迫った重要イベントの準備のため,深夜まで作業。というか,作業をするのは別の人々で私はそれを見守るだけなのだが,いちおう責任者的立場なので,途中で「では,ごきげんよう」と退散するわけにもいかず,最後まで付き合う。

昼間は賑やかなこの駅の周辺も,終電が近いと閑散としている。

高の原駅深夜

今夜は奈良泊。明日の朝が早いので,立地優先で近鉄奈良駅近くの安ホテルをWebから適当に予約したのだが,行ってみたらなんとなく前にも来た覚えがある。日記を調べてみると,1996年6月26日にも泊まったらしい。そのときは306号室。今夜は412号室。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

はたらけど

昨夜から明け方まで書き仕事。なかなか捗らない。途中で少し夢うつつ状態。8時に家を出て芝園へ。なぜかいつもより道が混んでいる。講義の前にチャチャッと作る予定だったスライドを作る時間がなくなり,まっすぐ教室へ。8時50分からの講義でそのスライドを作りながら喋る。10時20分まで授業。10分休憩。10時30分から再び授業。喋りまくって12時00分まで。講師室で急ぎのメールを2通処理してから津田沼へ移動。途中コンビニでおにぎりを買う。大量の郵便物を受け取ってからオフィスへ。おにぎりを食べながら書類作り2つとメール処理5つくらい。兄弟が新型インフルエンザに罹ったがどうすればいいかという学生の応対。13時30分からゼミ。15時頃終了。メール処理2つくらいと書類作り1つ。愛弟子たちからケーキの差し入れを頂戴する。16時頃急いで津田沼を出る。総武線で御茶ノ水へ。電車の中でも携帯でメールを2通。某学会事務局脇の会議室で重役会議。17時から20時まで。ラッシュの電車で津田沼に戻る。途中,明日からの出張先にひと足先に入っている同僚から,いまいち進捗が思わしくないと連絡あり。心配。21時頃津田沼着。学生部屋はすでに暗い。たまったメール処理。来週の授業のための資料作りと印刷。眠い。疲労。かなり限界。

ぢっと手を見る。
posted by gecky at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

もちつけず

土曜日。今日は長男の幼稚園で「もちつき大会」がある日なのだが,パパは古巣での重要な仕事のため早朝から出勤。家族がまだ皆眠っているあいだにそーっと家を出ようとしたら,むっくりと長男が起きてくる。

「あれ,パパ,どこいくの?」
「あ,おはよ。パパきょうお仕事なの。」
「えー,きょうようちえんでおもちつきだよ。」
「ごめんね。今日は一緒に行けないんだ。」
「・・・」(泣き顔)
「まだ早いから,もうちょっと寝てなさい。ママたち起こさないようにね。」
「わかった。」(泣き顔)
「そんな顔しないの。パパの分もついてきてね。」
「うん。」(ふくれ顔)
「あんまりおもち食べ過ぎちゃダメだよ。」
「うん。」

罪悪感たっぷりのまま,電車で古巣(第二の勤務先)へ出勤。

帰りは遅くなったので,子供たちはすでに夢の中である。食卓の上に,「パパ」と書いた紙と巨大な餅が3つ置いてあった。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

発話量

朝早い時間から重要な打ち合わせ。猛然と喋る。

それから授業。前期の学部3年生のこの授業は,最も自分の専門分野に近いこともあって,スライド1枚で何分でも喋ることができる。もっとも,スライドの文字をノートに写すことが授業だと思い込んでいる学生からは,進むのが遅いなどと言われるのだが。

昼。某企業から重要な来客。一緒に昼食をとるべく常連になっているお店に案内。重要な契約について長話。おっと,この人はこのブログの愛読者らしいので余計なことを書くのはやめておこっと。私が一方的に喋りまくる。

別れて帰り道。前方を巨体の某氏が歩いている。見つからないように脇を通り抜けようとしたら後ろから声がかかる。少し立ち話。これは聞くだけ。

愛弟子が人生相談にやってくる。普段なら喋りまくるのだが,そろそろ喋り疲れて口があまり動かない。今日は不親切と思われたかも。

夕方。重要な会議。口が疲れている上に眠い。特に喋る必要はなく聞いているだけで終了。今日のこの会議は,席を移動しての後半セッションが用意されていたが,常に空気が悪いので常に出席辞退することにしているのでオフィスに戻る。

やれやれ,と思ってイスに座った途端に電話が鳴る。某所に呼び出されて2時間ほど議論。相手が黙ると喋らなければならない。そのまま後半セッションへ。幸い空気の良い高級料亭でさらに2時間深いディスカッション。一所懸命喋っていると,貴方の声には癒されるなどと言われる。うーん,これって褒め言葉?

深夜に帰宅。舌が硬直して痙攣している。明日も会議・会議・授業・会議なのだが,大丈夫かな。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

根無しエレベータ

技術的には何ら不自然ではないのだが,こういうエレベータはあまり見かけない。八重洲ブックセンターにある2基のうちの1基で,4階と8階を結ぶ。つまり1階からは乗れない。

ybcev.jpg

1階から途中階止まりというやつはよく見かける。我がオフィスビルのエレベータも,6基のうち2基が20階まで行かず19階止まりである。しかし,1階からは乗れないというのは,根無し草というか,晩年の下津井電鉄(起点が他の路線に接していなかった)を連想する。ビルのスペースの都合なのか,何か深いわけがあるのか。

そういえば,東京タワーの特別展望台に行くエレベータには1階(地面)からは乗れず,大展望台で乗り換える仕組みになっていたな。
posted by gecky at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。