2008年02月26日

留守録

原因はよく分からないのだが,職場の電話でときどきこういうことがある。

留守録が残されているので再生ボタンを押すと,やおら呼び出し音が流れ始める。呼び出し音とは,どこかに電話を掛けたときの音である。やがて誰かが電話を取る。

「はい,もしもし」
(無言)
「もしもし」
(無言)
「もしもし,もしもし」
(無言)
(ガチャ)
ツーツー。○月○日○時○分です。以上で再生を終了します。

え,ちょっと待ってよ。

どうも,留守中にどこからか電話がかかり,留守録応答モードになった状態で自動的にどこか他の番号に転送されてしまい,その転送先で誰かが電話に出ると上のような状態になってしまうらしいのだが,不気味なことこの上ない。特に今日の録音のように「もしもし」の声の主に何となく心当たりがある場合は。

内線の交換機のバグなのかも。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。