2008年01月08日

A HAPPY NEW YEAR

久しぶりの英語ネタ。

Xmas を X'mas と書くほど大きな間違いではないが,今年もたくさんの年賀状に "A HAPPY NEW YEAR" と書いてある。なぜ頭にわざわざ "A" を付けるのか不思議でならない。ネイティヴは決してこういう書き方はせず,単に "HAPPY NEW YEAR" と書くのである。この件,ずいぶん前に知人のアメリカ人に尋ねてみたところ「A が付いていても言いたいことは分かるけどちょっと変な感じ」とのこと。

もしも同様の流儀に従うならば,「誕生日おめでとう」は "A HAPPY BIRTHDAY" になってしまうし,「こんばんは」は "A GOOD EVENING" になってしまうが,そういう言い方しませんよね。

"Have a happy new year!"(よいお年を)という表現は,口語でも普通に行われるので,おそらくはそこから Have が欠落した状態が定着したものと思われるが,この国際化時代になかなか "A" が外れないのはなぜだろうか。

和製英語だと思っていればいいだけなのかも。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。