2005年08月20日

ダイヤ

コンピエーニュからパリまでは,鉄道で約45分から1時間20分である。所要時間に差があるのは,列車によって途中の停車駅が異なるからで,最速の場合はコンピエーニュの次が終着のパリ北駅(Gare du Nord)である。いわゆる「近郊型電車」とでも言うべき2階建ての列車もあれば,遥か遠くの始発駅からパリに向かう長距離列車もあり,どちらのタイプでも同じ切符で乗れる。ちなみに2等車で大人片道11.90ユーロ。いまは1ユーロ150円近い交換レートなので,日本円にすると1,500円以上になり,さほど安くはない。

フランス国鉄の幹線なので,乗り心地はなかなか良く,時速120〜130kmほどで快走する。少々長いが乗ってしまえば楽にパリにたどり着ける。もっとも,パリ市内の目的地によっては,北駅からメトロを乗り継いで行く必要があるので極めて便利というほどでもないが。

ところで,不思議なのは列車ダイヤである。平日のコンピエーニュ発パリ行き列車の時刻をすべて書くと以下のようになる(2005年8月現在;不定期列車は含まず)。

5:04 5:59 6:21 6:52 6:57 7:08 7:39 7:58 8:08 9:05 10:59 12:08 12:42 16:09 16:40 17:19 18:04 18:19 19:09 20:32 20:47

朝夕のラッシュ時にはそれなりに本数があるし,まぁ妥当なダイヤに見えなくもないが,よく見ると12:42発の次が16:09発である。一度,その16:09発に乗ってみたことがある。3時間以上も間隔が空いた次の初列車なのでさぞ混雑するかと思いきや,そうでもなかったところを見ると,これが乗客の動きを反映した最適なダイヤなのだろう。ちなみに休日ダイヤでは次のようになる。

6:45 6:52 7:50 8:08 9:04 10:47 12:08 12:26 15:26 16:09 17:19 18:04 18:19 19:09 20:12 20:45 21:40

こちらもやはり12:26から15:26までの3時間は列車がない。

平日も休日もお昼過ぎから3時間も間隔が空くのは,おそらく午前中の列車はコンピエーニュからパリに出かける人のための,夕方から夜の列車はコンピエーニュからパリに帰る人のためのものであり,その間の中途半端な時間に行き来する人々がほとんどいないためであろうと思われる。こういうことからも,国民性が読み取れて面白い。
posted by gecky at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。