2005年08月19日

3人の兵隊

コンピエーニュの町のシンボル,中世に建てられたというゴシック様式の市庁舎のてっぺん近くに3人の兵隊がいる。毎時00分と30分に鳴る鐘は,よく見るとこの3人の兵隊が鳴らしているらしい。が,カメラでズームインしてもよく分からないなぁ。

3人の兵隊

ところで,このコンピエーニュという町,少なくとも日本では,観光地としてはほとんど知られていないようだし(出発前にいくつかの旅行ガイドブックを見たのだが,コンピエーニュを紹介しているものは僅かしかなく,そのいずれもが半ページか1ページ程度で済ませているのだ),仕事目的の滞在なのであまり下調べもしなかったのだが,歴史的には実に面白い場所であることが住んでみて初めて分かった。

まず,ジャンヌ・ダルクが魔女裁判にかけられるために捕らえられた場所らしい。また,フランス革命以前に最後の宮殿が建てられた場所らしい。さらに,マリー・アントワネットがルイ16世と初めて会った場所らしい。

「住めば都」的な見地を抜きにしても,観光客は少なく静かだし,建物はどれも石造りで風情たっぷりだし,並木や花壇は美しいし,パリなどには多い落書きなどもほとんどなく,道も綺麗で,住んでいる人々も皆親切で,来る前に予想していたよりもずっと素敵な町である。

ちなみに,Googleに「コンピエーニュ」とカタカナで入れると4,720件しかヒットしない。パリは1,390,000件,ベルサイユは312,000件,アミアンは17,900件,シャンティイは9,200件に対してである。「コンピエーニュ 市庁舎 兵隊」はたったの4件である。もしかしたらコンピエーニュの観光案内のページでも作るとヒット数急増で,アフィリエイト収入も急増,なんてことはないか。
posted by gecky at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。