2005年08月16日

[仏語] メルスィ

フランス語の /r/ は,英語の /r/ とは発音が異なる。日本語の「ら」行とももちろん異なる。ドイツ語の /r/ に少し近いが,ドイツ語ほど巻き舌の巻き方は鋭くない。いずれにせよ,練習しないとちゃんと発音するのは少々難しい。(ちなみに練習すればすぐにそれなりに発音できるようになる。)

最も重要なフランス語かと思われる Bonjour と Merci と Pardon のいずれにも,この難しい /r/ が含まれている。日本語的に「メルスィ」と喋ると少々本物とは違う。「ル」は巻き舌で,少し息が閉塞するような感じで発音する。極端に書けば「メゴスィ」のように聞こえる。ドイツ語で「なぜ?」を Warum?(ヴァルム)と言うが,いつ聞いても「ヴァゴム」と聞こえる。フランス語はそれほど顕著な巻き舌ではない。

丁寧に言うときは Merci beaucoup.(メルスィボークー)と言い,これもほんのちょっとでもフランス語の知識があれば誰でも知っているが,Bien を付けて Merci bien.(メルスィビァン)と言うこともある。英語の No, thank you. は,そのまま Non, merci. である。

Merci. に対して「どういたしまして」と言うには,Je vous en prie.(ジュヴザンプリ)でよいが,「どうってことないよ」という意味で De rien.(ドリャン)と言ったりもする。
posted by gecky at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。