2005年08月15日

チップ

アメリカほどではないが,フランスにもチップの習慣がある。旅行者や短期滞在者が経験するのは,頻繁な順に,レストランやカフェ,タクシー,ホテルのボーイだろうか。我々は,ボーイを必要とするホテルにはあまり泊まらないし,タクシーにもあまり乗らないから,日常的に必要となるのはレストランやカフェである。

日本語の旅行ガイドブックなどには,レストランでは5%,と書いてあることが多い。3〜5%と書いてあるものもある。しかしそれは目安であって,きっちり5%チップを置く必要はない。たとえば2人で食事をして勘定が16.50ユーロだったとする。その5%は0.825ユーロだから,元の金額に足して切り上げると17.33ユーロになる。が,33セントを財布から探して出すことはなく,17ユーロ置けばだいたいよい。もしもお店のサービスがとてもよく,料理も美味しくて,チップが3%少々では申し訳ないと思ったら,17.50ユーロ置けばよい。

16.50ユーロの勘定で,20ユーロ札しか持ち合わせがない場合は,それを支払うとお釣りが3.50ユーロ戻ってくるから,そのうちの50セント玉だけを残して取る。あるいは,1ユーロ玉を残してもよい。お店の側もよく心得ていて,たとえば15ユーロちょうどの勘定に20ユーロ札を出した時にお釣りを5ユーロ札で寄越すようなことはしない。お釣りの中からチップを残せるようにわざわざ細かい硬貨の組み合わせで出てくる。それも2ユーロ玉1枚+1ユーロ玉2枚+50セント玉2枚のような寄越し方をする。一瞬,どうしてこんな細かくするんだ,と思うが,それはその中から50セントあるいは1ユーロをチップとして残せるような配慮(?)なのだ。
posted by gecky at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。