2007年09月01日

旧式エレベータ

以前(10年以上前)は,ヨーロッパの各地でたびたび目撃したような気がするこういうタイプのエレベータ:
elev00.jpg

最近あまり見かけなくなったが,夕べ泊まったブリュッセルのホテルで久しぶりに経験したので記録。もっとも,そばにある新型の(普通の)エレベータが点検か故障で使えず,一時的に供用していただけのようだったが。

要するに次のような構造をしている。廊下のボタンを押すとエレベータがやってくる。そこまでは普通と同じ。停まると扉のロックが解除される。扉は横にスライドするのではなく自分の手で手前に引く。乗り込んで扉を手で締め,ボタンを押すと動き出す。ただし,こうなっているのでかなりこわい:
elev01.jpg elev02.jpg

普通のエレベータでは,外側と箱の両方にスライドする扉が付いているが,このタイプのやつでは概して外側の扉しかなく,したがって動いているときは右写真のブレで分かるように目の前を外側の扉や階の間の壁が通り過ぎていく。まぁ速度がかなりゆっくりなので,触れる程度なら怪我などしないが,それでも服や靴を挟まれたら一大事だろう。

欧米では,たとえば電車が発車するときのベルや放送がない場合がある。時間になるととつぜんドアが閉まってすーっと動き出す。車内放送などもほとんどない。自分の下りる駅は自分で責任を持って確認しなければならない。同様に,こういうエレベータに乗るときは,よほど自分で注意していなければならない。万一服を挟まれたりして怪我しても,日本のように設置した側がすべての責任を取る,という文化ではないのである。

ちなみにこのエレベータ,Schindler 社製だった。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。