2005年01月30日

訪問

教員になりたての時分には,こういう学生が年に1人か2人くらいはいたが,最近は年に5人か6人くらいいる。

私の自室は,大きな研究室の内側に含まれるような構造をしている。つまり,廊下側から研究室の扉を開け,我が愛弟子たちが勉学に勤しむ領域を通過して奥に進むと私の個室の扉がある構造なので,在室時はたいていその内側の扉を開けっ放しにしている。これが直接の原因なのかもしれない。が,閉めておくとなんだか中で極秘の作業をしているようで(実際,極秘の作業をするときは扉を閉めるが),開けておいたほうが自分も落ち着くので普段はそうしている。

愛弟子,すなわち研究室に所属している学生たちは,部屋の構造や私の習慣をよく知っているので何の問題もない。問題なのは,それ以外の学生たち,特に低学年の学生たちである。彼らが私を訪ねようと試みるときは,まず6階の廊下から通常は閉まっている研究室の外側の扉をノックする。すると学生領域にいる愛弟子の誰かが「どうぞ」と声を掛ける。するとその学生はおもむろに研究室に入って来る。ここまではまぁ常識的だ。先生の所在を確認し,私の自室の方へやってくる。内側の扉は開いており,すでに本人は私の研究室に入った気でいるから,そのまま前進して私のすぐ傍らまでやってくる。

たいていは気配で気付くが,ときにはいつの間にか自分のすぐ脇に見知らぬ人間が立っていてギョッとする。「誰だお前は」という顔で見るや否や,「あのぅ,先週の課題どうしてもできなくて出せないのですが…」などと素性も名乗らずにのたまう。私は極めて不機嫌になり,質問の内容などどうでもよく「何年生? 名前は? いったいどういう神経してるんだ?」などと口走る。相手はポカンとしてなぜ怒られたのかが分からない。

これが他の場所なら「出て行け!」で終わるところが,ここは教育機関なのでしっかり教育せねばならない。かくして汗だくになりながら人を訪ねる場合の作法を身振り手振り交えて教える羽目になる。いまどきの学生たちはみな素直なので,教えるとみな素直に頷き,はじめて「なるほど」という顔をする。この学生に限って,二度と同じことはしないだろう。

それを忘れた頃,見知らぬ学生がいつの間にかすぐ傍らに立っている。
posted by gecky at 07:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。