2010年06月01日

Comment Card

私が担当するすべての授業で,Comment Card と称するA5サイズの用紙を毎回全員に配布し,授業の終わりに提出させている。いわば「出席カード」代わりなのだが,学生番号と氏名を書くだけだと出席扱いにはせず,必ず「何か」コメントを記入すること,という指示を与えている。「何か」は何でもよいことになっており,まぁ普通の学生は授業に対する感想やらコメントやら質問などを書いてくるのであるが,まったく授業に関係のないことや力作の絵などを書いてくる学生も多い。もちろんそれでもいいことになっている。これに目を通すのは,授業の後の楽しみである。

スライドや板書(最近は滅多に板書はしなくなったが)に間違いがあったりすると,その場で手を挙げて指摘できる学生はいなくても,この Comment Card には必ず何人かが書いてくれる。これは効能大だ。さらには,後であの日はどんな講義をやったかな,と思い出す必要があるとき,自分でも簡単な講義録(講義メモ)は作っているが,この Comment Card にパラパラと目を通すと,だいたいどんな話をしたかが分かる。特に,雑談をしたときなどは,自分の講義メモに書かれていなくても,150人の学生の何人かは必ず反応したコメントを書いてくれているので,これも効能大である。

「面白かった」「つまらかなった」「ねむい」「お腹が空いた」のような簡単なコメントも皆無ではないが,1行程度だと白紙と同等とみなすよ(=つまり出席扱いにならない)と言ってあるので,面白かった場合はどこがどう面白かったかが書かれているし,ねむいときはなぜ眠いかが書かれている。まるで授業に関係のないコメント(たとえば,昨日どこそこに買い物に行って何を買ってきました,のような)も,読むのはそれなりに楽しい。

ふと思ったのは,これってかなり原始的な Twitter かもしれない,ということである。全学生が私の授業をフォローして,自由にコメントを書き込む。この方式を導入し始めたのは遙か10年ほど前だから,Twitter よりもずっと古い。今度から140字以内という制限を付けてみるか?
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。