2010年05月11日

なので

最近急に気になり出した。口語でも文語でも「なので」を接続詞として使う若者が増えた。うーむ。

いや,ひょっとしたら自分でも口語ではよく使っているかもしれない。「××の原理はこうこうです。なので,これを使う場合は〜」のように。そういえば,あのイチローがインタビューでよく使っていたような気もする。「なのに」「であるから」も同類。そういう意味では,文頭の「で,」も同類か。

しかしこれが文語になると違和感ありまくりである。ブログのような軽い文章ならまだしも,論文の下書きなどに登場されると。

本来は,文語ならば「したがって」「ゆえに」,口語でも「だから」などとすべきものだと思う。「名詞+なので」(授業なので)「形容動詞の連体形+なので」(きれいなので)は可。

それとも,いまや「なので」は単独の接続詞として認知されるようになったのかもしれない。ことばの変化について行けていないだけか?
posted by gecky at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。