2010年02月17日

素敵な真っ白な電子辞書

ちょっとした必要があって某通販サイトで電子辞書を購入した。Webで注文した1時間半後に「出荷しました」というメールが来るレスポンスの良さには,いつものことながら感心。

翌日に手元に届く。さっそく箱を開けて本体を取り出し,電源を入れる。ピーと音がして広い液晶画面が真っ白になる。10秒。何も起こらない。20秒。何も起こらない。あれ?

マニュアルを見る。最初に電源を入れると,自動的に初期設定動作に入ります。しばらくすると,日付と時刻の設定メニューが出ます。などと書かれている。なるほど,これは初期設定動作中なのか。

1分経過。何も起こらない。画面は真っ白のまま。ずいぶん時間のかかる初期設定である。2分経過。何も起こらない。3分経過。まぁいいや,少し放置しておこう。

10分経過。画面は真っ白のまま。どうもおかしい。もう一度マニュアルを広げ,「困ったときは」のページでリセットの方法を調べる。裏側にリセットボタンがあるのでそれを押すと,ピーと音がして再び画面が真っ白になる。1分経過。何も起こらない。しかも,よーく見ると真っ白の液晶画面に横方向に何本か緑と青の線が走っている。

購入元の通販サイトのカスタマサービスに電話。こういう状態なんですけど,これって初期不良では? そうかもしれませんね。お手数ですが,納品書の裏に状況を書き込んでそのまま着払いで送り返してください。

この対応の良さにも感心したが,せっかく1日で入手したのに,150冊分の辞書を内蔵しているという電子辞書は未だ体験できず。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。