2006年02月28日

再び琉球その4

パイナップルを発見。

パイナップル

「にぬふぁぶし」の三枚肉そば。

にぬふぁぶし

この琉球そば(沖縄そば)についてひと言。

本土におけるラーメンやうどんと同様,お店によって作り方にも味にも少しずつ差があるが,ここ数年の短い経験(とは言え,少なくとも15回くらいは食べている。今回はすでに4食目)から考察すると,
  • 南部(那覇)よりも北部(名護)のほうが美味しい。
  • 麺のコシがうどん風だとあまり美味しく感じない(舌がうどんだと思ってしまうせいか?)
  • 汁(スープ)は重要。
  • 具も重要だが,ソーキ(骨付き肉)か三枚肉かその他の肉材かは好みの問題で美味しさにはさほど影響しない。
  • 汁を全部飲むと塩分が多いせいかやたらと喉が渇くので注意。

実は,初めて琉球そばを食したときは,さほど美味しいとは思わなかった。たまたまあまり美味しくない店だったのかもしれないが,いまから思うと,麺の外見とテクスチャ(歯触りというか食感というか)とが矛盾していたせいかもしれない。すなわち,麺の太さから何となくうどんのようなテクスチャを期待したのだが,うどんというよりはベトナムのフォーに近い。つなぎのないラーメンと言ってもよいかも。

二度,三度と挑戦するうちに,これは実は美味しいのかも,と思うようになり,以降は病み付きに近い。沖縄出身の人が本土に来ていちばん食べたくなる故郷の味が琉球そばであるというのも頷ける。最近は,東京近辺でもこれを食べられる店がけっこうあるが,沖縄に美味しい日本そばやうどんのお店がほとんどないのと同様,本当に美味しい琉球そばの店は,東京にはあまりないようである。
posted by gecky at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。