2006年02月27日

再び琉球その3

朝から夕方までM大学で仕事。詳細は書いてもつまらないので省略。つまらなくないのは,お昼過ぎに仕事場から「ご飯食べに行きませんか?」という国際電話が掛かってきたことくらいか。

夜は2年前の3月にも来たR58沿いの「名護曲」で豆腐を中心とした健康志向の琉球料理三昧。

島豆腐を紅麹と泡盛で漬け込んだ珍味,「とうふょう(豆腐よう)」。これは2年前の秋に来たとき那覇の居酒屋で初めて食べたが,他の食べ物に例えるなら「ブランデーケーキ」か。

とうふょう

琉球料理の代表格,ゴーヤと島豆腐と豚肉を炒めた「ゴーヤチャンプルー」。最近は東京でも食べる機会が増えたが,やはり本場のは美味しい。

ゴーヤチャンプルー

おからと野菜を柔らかく炒めた「ウカライリチー」。

おから

もずくの酢の物「スヌイ」。本土のほど酸っぱくない。

もずく

ピーナッツで作った「ジーマミー豆腐」。普通の豆腐よりもどっしりとした口当たり。

ピーナッツ豆腐

本土ではあまり見かけない(アメリカにはあったなぁ)ファーストフード「A&W」のカフェラテ。

A&W
posted by gecky at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。