2009年12月06日

ボタン(その2)

ところで,我が家の1歳の次男は,最近「ボタン」が大好きである。洋服のボタンも好きだし,電気のボタン(スイッチ)も好きだし,インターホンのボタンも好きである。ボタンを見ると必ず押したがる。パパの洋服のボタンを押すと,パパは「あっ」とか「ブー」とか言う。

もちろん,エレベータの「非常ボタン」やバスの「降車ボタン」も好きである。最近のバスは,小さな子供や車椅子の人でも押せるような位置に「降車ボタン」が付いているので,次男と乗るときは気が気ではない。間違えて押してしまい,運転手に「ごめんなさい,子供が間違えて押してしまいました」と言ったとしても,そのバス停で他に下りる客がいるかもしれないのだ。

とりわけ,バスの降車ボタンは,押すと赤いランプが付くのがとてもお気に入りである。本当は自分で押したくてたまらないのだが,他人が押してすべての降車ボタンが赤く光ったときも興奮冷めやらない。長男のときはこんなことなかったのだが。

今日の夕方,次男と2人で駅前からバスに乗った。自宅最寄りのバス停は終点のすぐ手前なので,しばらくボタンを押すのは我慢させなければならない。夕刻だったが乗客は少なく,小さな子供は他にはいない。

しばらくバスが走り,停留所の案内放送。「次は××です。お降りの方はお近くのボタンを押してお知らせください」「ピンポン」。すべてのボタンの赤ランプが点灯。

次男:「アッ」

「次は××です。お降りの方は・・・」「ピンポン」

次男:「アッ」

静かな車内に響き渡る嬌声。3回目くらいで,他の乗客たちは「ピンポン→赤ランプ」と「アッ」の関係を理解したらしく,ほぼすべての乗客たちがこちらを見て微笑むようになった(気がした)。

ようやく我々が下りる停留所の手前。それまでしっかりと抱いていた腕を緩めて降車ボタンが手に届くところへ。小さな指を伸ばして「ピンポン」

次男:「アゥゥゥゥゥ〜」

至福の笑顔。他の客たちも至福の笑顔。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。