2009年12月05日

もちつけず

土曜日。今日は長男の幼稚園で「もちつき大会」がある日なのだが,パパは古巣での重要な仕事のため早朝から出勤。家族がまだ皆眠っているあいだにそーっと家を出ようとしたら,むっくりと長男が起きてくる。

「あれ,パパ,どこいくの?」
「あ,おはよ。パパきょうお仕事なの。」
「えー,きょうようちえんでおもちつきだよ。」
「ごめんね。今日は一緒に行けないんだ。」
「・・・」(泣き顔)
「まだ早いから,もうちょっと寝てなさい。ママたち起こさないようにね。」
「わかった。」(泣き顔)
「そんな顔しないの。パパの分もついてきてね。」
「うん。」(ふくれ顔)
「あんまりおもち食べ過ぎちゃダメだよ。」
「うん。」

罪悪感たっぷりのまま,電車で古巣(第二の勤務先)へ出勤。

帰りは遅くなったので,子供たちはすでに夢の中である。食卓の上に,「パパ」と書いた紙と巨大な餅が3つ置いてあった。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。