2009年10月30日

ポリーニの平均律

心待ちにしていたディスクをようやく入手した:



なんと,ポリーニがバッハを初録音。リサイタルでは時々アンコールなどで取り上げていたようなのだが,10年ほど前(ひょっとしたらもっと前かも)のインタビューで,この曲集は自身で研究を重ねて納得するまで録音はしない,とか明言していたので,しばらくはコンサートに行かない限りは聴けないんだろうと思い続けていたところへの朗報。

何と言っても,平均律クラヴィーア曲集である。ベートーヴェンのピアノソナタ集が「新約聖書」,これが「旧約聖書」というのが,ピアノ界の常識である。確かボイジャーの何号だったかに載せられたゴールドディスクの中身は,かのグールドの平均律ではなかったか(違ったかも)。

とにかく,本人が納得するまで録音しないと言っていたくらいだから,万を辞して,じゃなかった,満を持して自信を持ってリリースしたに違いない。これは期待しないほうがおかしい。第2巻も間もなく録音?

襟を正して1番から順に聴いてみた。音楽はバッハだが,どういうわけかベートーヴェンの後期のソナタ,あるいはショパンのエテュードに通じる何かを感じる。グールドのバッハも強烈だが,これも実に強烈。何かしながらBGMで聴くのは失礼というか,ちゃんとした再生装置とそれなりの音響空間を準備して1人だけで没頭できる状態で聞かなければならないというか,これが真の芸術だ,というアピールすら与えている。あと20回くらい聞かないとこれ以上のコメントは書けないけど,歴史的名盤になることはほぼ間違いない。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。