2009年02月11日

祝開通

久しぶりの休日。午後から都内に所用があったので首都高へ進入したら,電光掲示に,

「本日15時晴海線豊洲出入口開通」

と出ている。現在時刻は14時すぎ。うーん,急ぎの用事でもないしあと少し遅く出ればよかったなぁ。

東雲ジャンクションの分流部には,三角コーンが並んで準備完了。緑の標識もすでにカバーが外されていた。

今日開通したのは,湾岸線から分岐して豊洲出口までのほんの1.5kmほどの区間だが,その僅かな区間に「10号晴海線」なる新しい路線名が付けられた。首都高速は,東京から神奈川や埼玉にまで延びているので,1号,2号のような単純な番号の付いた路線以外に,B(湾岸線),C1とC2(都心/中央環状線),K1〜(神奈川区間),S1〜(埼玉区間)などがあるが,数字のみの単純番号路線は,1〜7号の後,なぜか9号深川線,11号台場線と飛び飛びだったのである。8号と10号はどこ?

…というのは誰もが疑問に思うことであって,調べればすぐに答えは分かるのであるが,その欠番だった10号がようやく開通。(ちなみに8号は実はすでに存在していて,都心環状線から東京高速道路(別会社)線につながるほんの100mほどを指すらしい。紛らわしいので標識や地図などには現れない。)

10号は,この後もう1区間晴海まで延びていちおう完成とのこと。晴海まで延びれば,我が家から銀座付近に出る最短経路になること間違いないが,近すぎて高速に乗るほどの距離ではない。辰巳〜箱崎〜銀座と回るとそれなりに乗っている気がするのだが,このルートも地図上で見ると大差ない距離か。

と,考えながら開通直後の初乗りはパス。帰りもパスするつもりだったが,21時過ぎにR357上りを走行中に魔が差した。東雲で左折,豊洲までの下道を走り,真新しい豊洲入口へ。僅か1.5kmの開通区間,しかもいま通ってきた下道の上を戻るだけのために700円(ETCなので560円か)を投資してみた。

toyosu.jpg

ゆっくり走ったが,前後に他の車輌はいなかった。写真は助手席の妻が撮影。
posted by gecky at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。