2008年01月25日

下道

仕事場(津田沼)から都心へ車で向かうとき,たいてい京葉道路→首都高速7号というルートを使うが,平日の日中はまずもって7号の錦糸町付近から渋滞する。その先の両国での6号との合流で2車線が1車線になる上,箱崎〜江戸橋というボトルネック区間があるので仕方がない。

その渋滞の手前に錦糸町出口がある。7号を千葉方面から走ってくる場合,京葉道路から首都高に切り替わる地点の篠崎出口から錦糸町出口まで約7キロ,出口がない。ほぼ並行して国道14号が走っているのと料金所の位置(首都高の料金所は錦糸町出口の先にある)の関係と思われる。その久しぶりの出口の手前に「銀座まで/首都高速経由○分/国道14号経由○分」という電光掲示がある。この電光掲示にはいつも誘惑される。

深夜など,両国〜箱崎〜江戸橋が流れているときは「首都高速経由10分/国道14号経由20分」の場合が多いのだが(実際には,完全に流れていれば銀座まで10分もかからないけど),夕刻の渋滞時などにときどき「首都高速経由45分/国道14号経由20分」などと出るのだ。過去に一度,「首都高速経由60分」になっていたことがあり,いくらなんでもまさか60分はかからないでしょ,とそのまま突っ込んだら,ほぼピタリ60分かかったことがあって以来,上のようになっていたらエイと錦糸町を出てしまう。

行き先にもよるが,たとえば霞ヶ関付近までなら,四ツ目通り→葛西橋通り→永代橋→鍛冶橋通り→二重橋前→内堀通りと,意外や意外にスイスイと行けてしまう。このあたりは道幅も広く,右左折の車線もよく整理されており,最近は違法駐車も少ないのである。

下道といえば,最近こういうルートもときどき使う:羽田空港→R357→城南島→臨海トンネル→第二航路海底トンネル→お台場→R357。

首都高速湾岸線の側道であるR357(通称東京湾岸道路)の東京〜千葉付近は,かつて荒川河口や羽田空港の手前などでたびたび途切れていたのだが,いまは隅田川河口に当たる東京港トンネルのところを除いて繋がっている。ここさえ繋がれば,羽田から浦安まで下道だけで来られるのだが,東京港トンネルは首都高専用で,ここを回避する秀逸な一般道ルートが上のトンネル2本(いずれも海底トンネル)なのである。

距離的には若干遠回りだが,ここも時間帯によっては意外に空いているのと信号が少ないのとで,時間的にはあまり変わらない。何よりトンネルをくぐるだけのために700円払わなくて済むのが嬉しい。もっとも,このルートは首都高が混んでいるときなどトラックが大挙して押し寄せるのでダメダメなのだが。

いろいろと研究してみるものである。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

馬鹿喫煙者

都内に所用。待ち時間に入り慣れた「全席禁煙」カフェで仕事。

ん? なんかケムイぞ…

どうも,少しく離れた席の男(黒の革ジャン着用,推定30歳くらい)がタバコを吸っているらしい。うーむ。

チンピラ風ではあるがいかにもやばそうな身分のような風貌と容姿。ここで仮に「おい,ここ禁煙だよ。タバコ吸うんじゃねえよ。」などと言おうものなら,横蹴り1発パンチ1発で鼻血でも出るに違いない。うーむ。

程なく女性店員(推定25歳)登場。

「お客様,申し訳ございませんが,当店は禁煙ですので,おタバコご遠慮いただけないでしょうか。」

男:黙殺。吸い続ける。
女性店員:そのまま退散。
周囲の客:怖いので見て見ぬふり。

入れ替わりに店長と思しき男性店員(推定35歳)登場。

「すみません,当店店内は全席禁煙とさせていただいてますんで,おタバコは店の外でお願いできないですかね。」

男(小声で):「うるせえ」(正確には「ぅぅぅるっせ〜」)

店員(少し厳しく):「他のお客様にご迷惑がかかりますので,おタバコの火を消していただけますか。」

男(大声で):「るっせーんだよ,んなくだらねえこといってんじゃねえよ。」(ちょっとちがったかも)

男店員・女店員・周囲の客:凍り付いて皆無言。

カウンターで買い物中の中年男性客:レジの店員に向かってひそひそ小声で何か。

数分後:なんとおまわりさんが2人登場。道路向かいに交番があったらしい。

おまわりさん1:「ああ,あなたね,この店タバコ吸っちゃいけないの。分かってる?」
男:無言。怖い顔をしたままタバコを消す。
おまわりさん2:「ちょっと店の外に出て」
男:無言。
おまわりさん2:「出なさい」

意外に素直に従う。なんと連行されていってしまった。

店長と思しき男店員(大声で):「皆さんご迷惑をお掛けしました。どうぞごゆっくりお召し上がりください。」
客の半数:拍手。


逮捕されたのだろうか? そんなわけないか。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

カタカナ

お風呂の壁に貼ってあるカタカナの表なのであるが…

katakana.jpg

「ヂ」で始まる言葉が少ないのは分かるけど,「セーターガチヂム」ってのはちょっとないよなぁ。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

A HAPPY NEW YEAR

久しぶりの英語ネタ。

Xmas を X'mas と書くほど大きな間違いではないが,今年もたくさんの年賀状に "A HAPPY NEW YEAR" と書いてある。なぜ頭にわざわざ "A" を付けるのか不思議でならない。ネイティヴは決してこういう書き方はせず,単に "HAPPY NEW YEAR" と書くのである。この件,ずいぶん前に知人のアメリカ人に尋ねてみたところ「A が付いていても言いたいことは分かるけどちょっと変な感じ」とのこと。

もしも同様の流儀に従うならば,「誕生日おめでとう」は "A HAPPY BIRTHDAY" になってしまうし,「こんばんは」は "A GOOD EVENING" になってしまうが,そういう言い方しませんよね。

"Have a happy new year!"(よいお年を)という表現は,口語でも普通に行われるので,おそらくはそこから Have が欠落した状態が定着したものと思われるが,この国際化時代になかなか "A" が外れないのはなぜだろうか。

和製英語だと思っていればいいだけなのかも。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

山手線

所用で都内へ。帰り道,最近開通したばかりの中央環状線の新宿〜池袋間,通称中央環状新宿線,俗称山手線を走ってみた。本当は開通日の深夜に走りに行く予定だったのだが,事情により断念してそのままになっていたのである。(念のため,写真は自分で撮ったのではなく同行者が撮影):

yamate.jpg

yamate2.jpg

わけあって,地下深くをこの道が走っている地上すなわち山手通り沿いの某所には用事があってたびたび来るのであるが,長らく工事をしていた成果がこれである。入口には「山手トンネル/全長6000メートル」と事も無げに書いてあった。大したものである。

地上の某所にはたびたび用事があるのだが,その付近には出入口がない。両端とも都心側との相互間での行き来はできないので(郊外→山手線→郊外方向にしか通行できない),都心の東側に住んでいる私にとってはそう頻繁に使うチャンスはなさそうに見えるが,葛西〜小菅〜王子線〜山手線〜中央道というルートで都心を通らずに中央道に抜けられるようになったのは(この前走ってみた外環〜関越〜圏央道というルートもあるけど)便利かもしれない。
posted by gecky at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。