2006年07月20日

北陸新幹線

場所によっては急ピッチで工事が進んでいるように見える。この分だとあと2〜3年で開業か? と思える区間もあるのだが,調べてみると金沢までの開業は2014年予定とのこと。まだだいぶ先である。

北陸新幹線

現時点で着工しているのは,長野〜上越〜富山〜金沢の区間で,その先福井を経由して大阪まではさらに先になるらしい。敦賀と大阪のあいだはルートすら決定していない。もし計画通りに全通したら,東京から現在の長野新幹線ルートを進み,日本海側に抜けて北陸を南下して大阪に至ることが可能になる。これは一見,東海道新幹線に比べて遥かに遠回りのように見える。東京駅で出発する方向がまるで逆だもんな。

しかし地図を見ると,もちろん東海道ルートよりは長いが,遥かに遠回りというほどでもない。興味が湧いたので調べてみたところ,全通時の北陸新幹線経由東京〜大阪の所要時間は約3時間27分とのこと。「約」なのに27分という正確な数字が算出されているのも面白いが,現在最速の「のぞみ号」で東京から新大阪まで2時間40分程度だから,3時間半というのは代替ルートになり得る。ちょっと時間に余裕があれば,軽井沢や金沢を回って大阪や京都に行けるようになるというのは,なんとなく嬉しい。

というわけで今夜は金沢にいる。
posted by gecky at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

インタビュー

東京駅構内を移動中,とつぜん横から「すいません」と声を掛けられる。振り向くと中学生らしき制服の4人組。意外な相手だったので思わず足を止め,「えっ?」と反応すると,代表っぽい子が,これ以上丁寧な言い方はないほど丁寧な口調で,しかもかなり緊張した面持ちで「あのぅ,私たち修学旅行で東京に来ている中学生なのですが,インタビューさせていただけないでしょうか?」と,用意してあった台詞を喋るような調子で言う。

聞けば,秋田県から修学旅行にやってきている私立中学校の生徒たちで,全員東京に来るのは初めてらしい。グループワークの課題で,東京の人々の生活について調べているとのこと。これは教育者としては協力しないわけにはいかない。

でもどうして東京駅の中で? と聞くと,本当は新宿か渋谷に行くつもりだったのが,あまりの人の多さに圧倒されてうろうろしていたら,新宿まで往復する時間がないことに気が付いたとか,なかなか東京人には理解し難いことを言う。ふーん,いまでもこんな純情な中学生がいるんだね。

質問は至極簡単なものばかりだったが,皆でメモを取り始めたのを見て,調子に乗っていろいろ喋る。学校で発行する「研究論文集」とやらに載るらしい。それにしても,中学生で東京旅行とは贅沢だな。

4人全員が口を揃えて「ありがとうございました」と言ったところで,「ところで,どうして私に声を掛けようと思ったの?」と素朴な疑問を尋ねてみると,顔を見合わせた後の1人の答えはこうだ。

「なんとなく東京の人っぽかったからです。」

ふふん。えっへん。
posted by gecky at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

デシベル

夜9時頃,学内のとある大きい,じゃなかった,偉い人から研究室に電話があった。この人の声は,専門的に言うとSNRが大きくて明瞭度も高い。SNRが大きいのはNが小さいケースもあるが,もちろんそうではなくてSが大きい。つまり音声のパワーが大きい。つまり声が大きい。パワーが大きくても明瞭度が低い声の人もいるから,ここまで聞き取りやすい大きな声を出せるのは何ていうか羨ましい。

この人から電話をもらうのには慣れているので,いつも即座に電話機の受話音量調節ボタンを操作するのだが,今日は声帯の調子が普段以上に良かったとみえて,受話音量最小設定でなお明瞭度最大というか電話機のスピーカのコーンが振動で外れそうというか。

ずっと受話器を耳から数センチ離して持っていたのだが,思ったよりも長電話になったので,途中でついうっかり耳に密着させたところで最大級の音が来た。電話機のコーンどころか鼓膜が破れる寸前。

帰宅した今になっても耳鳴りがする。
posted by gecky at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。