2005年11月19日

ルームメイトの子育て

いま住んでいるマンションに越してきたばかりの頃,玄関の前にはいつも「28番」の鳩がいた。日中は何処かに姿を消すのだが,夕方になると必ず戻ってきて翌朝まで我が家の玄関の前にいたのである。これがその当時撮った写真↓

28番のぽっぽ

なぜ「28番」かというと,足首に「28」という伝書鳩標識を着けていたからである。3か月ほど毎朝毎晩目を合わせていたが,いつの間にか来なくなってしまった。あれからほぼ5年が過ぎた。

ところで,我が家にはベランダが2つある。1つは南向きのメインのベランダで,もう1つは北向きのサブのベランダである。南向きベランダは,洗濯物を干したり植物を育てたりと大いに利用しているが,北向きベランダは,狭いのと暗いのとで一時的なゴミ置き場程度にしか使っていない。しかも,台所から開き戸を開けた裏側の部分は,ほとんど見ることもない。そのため,いつしかそこに住み着いていた人がいたことにも今朝まで気が付かなかったのである。

で,これが今朝撮った写真↓

ぽっぽ

どひゃ。驚き桃の木炊飯器,とはこういうことを指すに違いない。(ん? ちょっと違う?)

ま,もとより使っていない空間なので,世帯主として即座に無償貸与することを決定。家の中でも子育て,家の外でも子育て。2羽のヒナが孵るのが楽しみである。
posted by gecky at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

オレとラテの違い

だいたい知ってはいたが,某コーヒーショップに非常に簡潔な説明があったのでメモ。

カフェ・オ・レは,フランス語で,ドリップ抽出したコーヒーに温めたミルクを1対1の割合で加えたもの。

カフェ・ラテは,イタリア語で,エスプレッソ抽出したコーヒーにクリーム・スチーマで泡立てたミルクを7対3の割合で加えたもの。
posted by gecky at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

置換

とある名簿の編集作業を続けている。数十人分の氏名,電子メールアドレス,電話番号,自宅,帰省先,勤務先などの基本的な項目の他に,近況報告として数行のメッセージが書かれている,ただのテキスト形式の名簿である。

なんとなく眺めていたところ「自宅」という項目名称が気になった。「電話番号」という項目が別にあるんだからこれは「自宅住所」とするべきだな。あ,でも「自宅住所」よりは「現住所」のほうがスマートだな。

…と思った瞬間に,何も考えずエディタで「自宅」を「現住所」に一括置換,したのは確か一昨日のことだった。

さっき,再びその名簿を修正しつつ,ある人の「近況報告」の文章を読むともなく読んでいたら,こんなことになってしまっていた。

「…以前,○○先生のご現住所にお招きいただき,…」

やばい。情報処理のセンスなさすぎ。
posted by gecky at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成生まれ

今日は,午後から都内の某高等学校で「模擬講義」の仕事。学校名から女子校かと思ったのだが男子校であった。残念。

対象は,これから進路を考え始める高校2年生なので,年齢は16歳か17歳のはずである。ということは平成生まれである。同じ内容の講義を2回,それぞれ別のクラスというか生徒グループに対して行うが,おそらくは事前の指導が行き届いていると見えて,皆熱心に聞いてくれるので話しやすい。大学の講義でも熱心に聞いてくれる学生はいるが,全員がこちらを見ているなどということは皆無に近い。

昭和生まれと平成生まれで何か違いがあるのかないのか分からないが,毎年同様の仕事をやってきて感じるのは,年々高校生の見かけの年齢が低くなっているように見えることである。一見,この子中学生じゃないの,と思うような生徒がだんだん増えているような気がする。不安なのは,それが客観的(絶対的)な印象ではなく,主観的(相対的)な印象かもしれないということである。

ちなみに今日の高校では,廊下や階段ですれ違う生徒という生徒のほとんどが,見知らぬ私に対して「こんにちは」と挨拶してくれた。最初は律儀に「こんにちは」と返していたが,あまりに多いので途中から割愛。大学生よりよほど可愛い。って当たり前か。

12時20分という妙な集合時間で昼食をとり損ねたので,いま帰り道の途中で遅い食事中。
posted by gecky at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 教育・研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラプソディ

学生の卒論で,音楽の音符遷移を統計モデル化するというのをやらせているが,私は私でフランツ・リストの「ハンガリー狂詩曲集」の音符遷移を自分の指先で研究中。ピアノ音楽史上最も異彩を放っていると言われるリストの中でもとりわけ異彩を放っているのがこの曲集であり,これの2番や6番や12番が弾けることは,ヴィルトゥオーゾと呼ばれる条件と言ってもいいだろう。

どこでもよいが,たとえば第6番の40小節目,嬰ハ長調のプレストに入る直前の,私の指使いで言えば 31324132413252314231423142314231..... の上昇→下降→急上昇の部分とか,第12番の「フリスカ」に入る直前の 432143214321432143214321..... 部分などは研究に値する。(後者を 4321 で弾くのはもしかしたら邪道かも。)

ところでこの曲集,15曲のどれをとってもそれなりに名曲だと思うし,それ以上にこの狂ったような音符遷移は,少なくともプロのピアニストたちが無視し得えないようにも思うのだが,異彩過ぎるのか,あるいは本当に難しいからか,難しいわりに評価されにくいからか,全曲の録音というのは僅かしかない。

おそらく最もよく知られているのは1950年代のジョルジュ・シフラ盤と思われるが,これにはところどころ「怪しい」箇所がある。音が不自然に不連続で,どうもテープを切り貼りしたように聞こえるのである。真相を知りたくてWeb検索してみたが分からなかった。
posted by gecky at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

近況

しばらくお休み中。

実は身辺にいろいろと変化が起こりつつあり,このところ多忙である。多忙なのはいつものことだが,労働として多忙というよりは精神的に多忙である。こういうときは何か気を紛らわすことをするのがよい。

気を紛らわすその1:

この前の日曜,愛弟子の1人が半年ほど留学をするので,その見送りに朝から妻子を連れて成田空港へ。ご両親と,研究室のメンバーほぼ全員と,昨年の卒業生数名とに見送られ,主役はいくらか興奮していたようである。平然と出国ゲートを通って行ったように見えたが,不安そうな表情が見え隠れ。半ば無理矢理話を進めた責任もあり,何とか半年頑張ってくれればと思う。

気を紛らわすその2:

成田からまっすぐ帰るのも芸がないのでどこかにドライブ,と思い,とりあえず筑波山のファンタジートンネルを目指したのだが,途中で寄ったガソリンスタンドで,後ろのタイヤパンクしてませんか? と言われる。確かに空気が抜けているように見える。パンクではなかったようだが,ちょっと不安になり,筑波はやめて目の前に看板の出ていた「房総のむら」に入る。

気を紛らわすその3:

ここは小学5年の遠足で来たことがあるなぁ。当時はまだ「房総のむら」は未完成で「房総風土記の丘」の一部がオープンしていただけだったけど。入ってみると子連れにはなかなか面白く,童心に返ってのんびり過ごす。ニュートン氏に「いま我孫子の近くにいます」と連絡するが返事がない。

気を紛らわすその4:

自宅でサーバを起動。以前は大学の研究室以外の場所で仕事をすることは皆無に近かったのだが,最近は自宅や外出先で仕事をする時間が増えた。大学は相変わらずネットワークが不安定で,外出先で必要なファイルが取り出せなくて困ることが多く,それならば自宅に,という目論見である。Linuxをインストールして各種サーバ構築。こういう作業には慣れているが,気を紛らわすのには最適かも。

気を紛らわすその5:

高校のクラスの同窓会に向けての名簿作り。54人が3年間同じクラスで結束は固く,いまでも消息不明者は10名以下である。1人ずつメールなどで連絡を取り近況の調査。こういう作業も気を紛らわすのには絶好だが,高校を卒業して20年も経ってしまったのかと思うと少ししょんぼりする。

気を紛らわすその6:

久しぶりに大作の名著に挑戦中。Richard Duda 他による "Pattern Classification" 改訂版。2年ほど前に確か2万円以上で購入して一部をざっと読んだだけになっていたが,知人からこれを使って勉強会でもやりませんか,という誘いがあったので,それならばと最初からちゃんと読み始めてようやく50ページほど。効能や成果は考えず,ただ純粋に知識を頭に入れていくという勉強をするのは実に心地よい。

気を紛らわすその7:

某出版社より新しい企画の話が舞い込み,編集者たちと企画会議。こういうのは実に楽しく,いろいろ喋って帰ってきてから,仕事の大部分を引き受けてしまったことに気が付く。ま,いっか。

※ちなみに辞書によれば「紛らわす」は「紛らす」の強調形らしい。
posted by gecky at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。