2004年11月12日

言語獲得のはなし

学部3年の「ディジタル処理」という講義の中で音声処理に関する話を少しだけしている。もともと「音声処理」という名の講義が「ディジタル信号処理」と合併して「ディジタル処理」というなんとも不思議な名の授業に変わってしまったためだが,それはいいとして,信号処理と音声処理についてだいたい 7 対 3 程度の割合で講義をしている。例によって,学生に興味を持たせるための前段の話(中には「雑談」と呼ぶ者もいるが決して雑談ではない)をいろいろとするのだが,その中で比較的好評な(私が勝手に好評と思い込んでいる)話の1つに「ママとパパ」の話がある。

乳幼児が言語を獲得する際に最も初期に出現する単語は,万国共通「ママ」であり,それは周知の通り母親を指したり,若干変形を伴って食べ物を指したりする,という話である。母親や食べ物は赤ん坊にとって最も重要な対象物であるから,それらの呼称をいち早く獲得することはごく自然である。「ママ」の次あたりに出現するのは「パパ」であり,通常それは父親を指す。父親よりも母親のほうが先というのは,男としては幾らか悔しい気もするが,まぁこれはしょうがないだろう。

さて,興味深いのは,母親と父親がなぜたとえば「カカとトト」ではなく「ママとパパ」であるか,という点である。音声学をちょっとだけ研究すると,いや研究しなくても少しばかり考えればこの理由は明白であり,子音の中で /m/ と /p/ は極めて発音しやすい上,「口真似」しやすい音韻だからである。 /m/ と /p/ のいずれも口唇で調音される,すなわち「くちびる」で作られる音であり,他のたとえば /t/ や /k/ などのように歯の裏側や口の奥深くで作られる音より発音しやすいのである。したがって,一般に赤ん坊は,母親や父親の口を見て真似することで /m/ や /p/ の音を獲得し,「ママ」と「パパ」が他の単語よりも早期に出現するのである。

講義中の話はたいていここまでだが,いまの私にとっては「パパ」よりも「ママ」が先に出現する,というのが大問題である。明らかに赤ん坊は母親と接触する時間のほうが長いし,父親より母親のほうがプライオリティが高くなってしまうのは「やむを得ない」ので,百歩譲って「ママ」が先に出現するのは仕方ないとして,「ママ」の出現後どのくらい経ってから「パパ」が出現するのか。仮に何か月もかかってしまうようでは父親の威厳が保てまい。

…と考えた途端に作戦開始。いまのところ育児に関して私のほぼ唯一の日常的義務である「入浴」時間に,湯の中で愛息を膝に乗せ,目を合わせながら「パパ,パパ,パパ…」を際限なく繰り返す。努力の成果あって(努力しなくても普通そういうものです,などと言わぬように),月齢3か月を過ぎた頃から「あー,あー,うー,うー」なる声をよく出すようになってきた。この「あー,あー」というのはきっと「パーパー」と言おうとしているに違いない。

ところがまずいことに,程なくこの作戦をママに知られるところとなり,ママは日中の長い時間をかけて,パパが汗水垂らして働いているというのに,ぽかぽかの日だまりで「ママ,ママ,ママ…」とニコニコと際限なく繰り返しているらしい。これは致命的にまずい。音声学的に見ても明らかに「マ」より「パ」のほうが分が悪い。

こうして,「あー,あー」は「マーマー」なのか「パーパー」なのか定かでない日々が続いたのだが,ごく最近になって,この賢い息子はそのどちらでもない言葉を口にするようになった。

こいつ,ママでもパパでもなく自分の名前を呼んでいやがる。
posted by gecky at 00:00| 千葉 ☁| ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

夜10時の安全運転

最近,車に関する話題が多いがご勘弁を。

1つ前の話は,首都圏でも局所的な実験なので知る人ぞ知る,というか恩恵を被る人はごく一部のはずだが,この実験は比較的影響大である。快感システム装着車が首都高速を走ると,夜間(22時〜6時)は,時間帯に応じて本来の700円が最安560円まで割引されるというサービスというか社会実験である。時間に応じて,と言っても,実際には22時〜23時と5時〜6時が630円で,23時〜5時が560円なのだが,いちおう段階的に割り引いているのは, 22時にいきなり560円になると,その直前に料金所手前に22時になるのを待つ快感システム装着車の行列ができてしまうのを防ぐため,だと聞いた。

つい先日,用事があって,勤務先(千葉県習志野市)を21時半過ぎに出て,首都高速を都心に向かったことがある。京葉道路から首都高速7号線に入り,江戸川区小松川付近で時計が21:55となった。7号の料金所は錦糸町にあるので,この調子で走ってしまうとひょっとしたら料金所をくぐるのが21:59などとなってしまい,僅差で70円ほど損をしてしまう。そう考えるや否や減速。確かこのへんの首都高の制限速度は60km/hだよな,守らなくちゃな,いや,もちろんいつも守っているけれど,今日は特別にちゃんと守らなくちゃな。と,左側車線を極めて慎重に安全運転。後ろから来た車がことごとく怪訝そうに右側を追い抜いていく。きっとあの車たちには快感システムなど装着されていないのだろう。よく見ると,どうも私と同じ目的らしい車やトラックが何台かいることが判明。左側車線を皆で一列縦隊で安全運転。

こうして無事に22:02頃に料金所を通過したが,快感システム用の路上センサーの時計ってどのくらい正しいんでしょうね。


【補足】 その後快感システムの利用明細を見たら,通過時刻 22:02,料金 630 円と記録されていました。めでたし。
posted by gecky at 00:00| 千葉 ☁| 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月01日

127分の1

127人くらいの人をランダムに1列に並べたときに,ある特定の人が先頭に来る確率は,単純に計算して0.7874%だから,まぁ小さい確率と言えるだろう。いや,別に先頭でなくて,2番目に来る確率でも最後に来る確率でも同じ値だが,先頭というのは他に比べてそれなりに珍しい位置なので,確率は同じでも事象(現象)としての価値は高い。同様の話で,たとえば自動券売機で買った切符の4桁の番号が「7 7 7 7」だったりすると嬉しくなるが,「4 9 1 0」でも「5 3 3 8」でも同じ0.01%という確率で生じるので,「7」が4つ並んでいるという事象の価値が嬉しいのである。

ところで,人を並べるというのはなかなか難しい。名前の五十音順,年齢順,役職の偉い順,背の順,など明確に説明の付く場合は,たとえ自分が好ましくない位置に置かれてもやむを得ないが,それでも一番先頭に来る人は他の位置よりも遥かに目立ってしまう。学校での「出席番号」や「学生番号」というのがその好例で,たいてい「あい何とか」とかいう苗字の人が1番なんだよね。私の名前は「お」で始まるので,3番とか10番とか比較的前の方に位置することが多かったのだが,地域によっては名前の五十音順ではなく生年月日順で出席番号を付けるので,「よしなが」などという名前の奴が1番になったりする。あ,これは数十年前の某小学校の5年2組の場合ですが。

で,何が言いたいのかというと,このページを見てください。「掲載順はランダム」と断り書きしてあるが,なかなかすごいでしょ?何だかこれを見ると,自分がこの学会を引っ張っているような感じがして(しないか…)ちょっぴり気持ちが良い。確率0.7874%だよなぁ。宝くじで3,000円当たるのよりも難しいよなぁ。

もともと選挙に使われた投票用紙(信任投票で不信任の人に×を付ける)の掲載順をそのまま転載したせいで,五十音順や年齢順など意味のある順番になっていないと見えるが,その投票用紙でも先頭に記載されてご満悦だった私に対して知人が一言:

「不適切な人に×をつけるのね。最高裁長官の信任みたいな感じなのかな。あれって最初の人って×つけられやすいらしいね。」

う〜む。いちおう信任はされたみたいだけど,×たくさん付けられたのかなぁ。
posted by gecky at 00:00| 千葉 ☁| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。